日本電気協会

原子力規格委員会

サイトトップ

JEAG4630-2016
浸水防止設備技術指針

概 要

  本技術指針は,「原子力発電所耐津波設計技術規程(JEAC4629-2014)」「第4 章 津波防護施設・浸水防止設備の耐津波設計」で規定される浸水防止設備のうち,水密扉並びに建屋躯体の配管貫通部及び電路貫通部の止水に係る設計,製作,工事及び保守を行うにあたり基本となる事項を制定した。

目 次

第1章 総 則
1.1 目的
1.2 用語の定義
1.3 基本事項
1.4 適用範囲
第2章 水密扉
2.1 設計
2.2 製作,現地据付工事
2.3 保全
第3章 配管等貫通部
3.1 設計
3.2 製作,現地据付工事
3.3 保全 
参考文献
参考資料 海外主要国における浸水防止に関する技術基準,対策事例

巻頭言

 電気技術指針「浸水防止設備技術指針 JEAG4630-2016」は,原子力事業者が,原子力発電所の設備の浸水防止に対応するにあたって,各事業者に共通の指針となるよう,2016年に制定したものです。
 本技術指針は,「原子力発電所耐津波設計技術規程(JEAC4629-2014)」「第4 章 津波防護施設・浸水防止設備の耐津波設計」で規定される浸水防止設備のうち,水密扉並びに建屋躯体の配管貫通部及び電路貫通部の止水に係る設計,製作,工事及び点検を行うにあたり基本となる事項を示しました。
  また,関係法令や原子力に関する新たな知見等を常に把握し適宜反映していくことにより,本指針の継続的な改善を図っていくことが必要です。
  最後に,本指針制定にあたり多大なご尽力をいただきました検討会,分科会の委員及び事務局等の関係者各位に対しまして,深く謝意を表します。


平成28 年5 月
原子力規格委員会
構 造 分 科 会
分科会長 吉村 忍

改定履歴
制  定
平成28年5月31日
正誤表
公衆審査
JEAG4630-2016
期間:平成28年3月31日
    〜平成28年5月31日
結果:資料請求者0名
意見送付者0名
質疑・意見対応
ページのトップへ